Feel da CITY円盤予約する▶▶

Hey!Say!JUMP[Fab!-Arena speaks-] 裏向きのFabが意味深!どんな意図?

こんにちは、ささはるです。

Hey! Say! JUMPのツアーが発表されましたね!

ロゴは気になった方多いのではないでしょうか。また伊野尾Pの作戦なのかw

どんな意味があるのか、みなさんの意見を探してみましたよ!

Hey!Say!JUMP Fab!-Arena speaks- 2年ぶり有観客ライブ!

前回は配信ライブに切り替えたので、有観客ライブは2年ぶりだそうです。

↓完全受注生産のDVD・Blu-rayはとても豪華だったとか・・今はもうプレミア価格になってます。

Hey!Say!JUMP Fab!2021アリーナツアー裏向きのロゴの意味は?

プレミア価格になってる前回のライブのタイトルが「Fab Live speaks.」だったので、今回の裏返しのロゴが前のツアーと何か関わってるんじゃないかと話題になってます。

Twitterを見ていたところ、

・配信ツアーと違うよ!

・裏の世界、狐の世界

・鏡の世界

・怪異を表してる

という意見がありました。

狐の世界は怖いですね!MVのホテルのような感じでしょうか。

意味深なのでまた伊野尾Pが考えたのではないかというツイートがたくさんあり、すっかり策士が定着していましたw

まとめ

Hey!Say!JUMP Fab!-Arena speaks- アリーナツアー裏向きのロゴについて、みなさんの意見を集めてみました。

何かしら意味を持たせて興味を持たせるってすごいですよね!JUMPさんすごい。

 

どんな意図があるのかどこかでネタバラシしてくれるのでしょうか^^今回はどんなツアーになるのか楽しみですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA